BLOG

梅雨時期はギックリ腰に注意です

ぎっくり腰が増える時期です。

朝夜の寒暖差があるのと春からの新しい環境に疲れて来る頃です。

日頃からしっかり湯船に浸かることをおすすめします。

そして大事なのがセルフストレッチ!

太ももの裏側を伸ばすように前屈したり仰向けで足を上げて手で持ち上げるようにしましょう。

太ももの裏側がカチンコチンになっていると腰を痛めやすいのです。

そして、万が一ギックリ腰になってしまったら温めるのはNG行為です。

初期は冷湿布などで冷やしておきましょう。

ぎっくり腰は腰の筋肉の『炎症』なので温めると痛みが悪化したり治りが遅くなったりします。

痛みのあるときは安静に、そして動けるよになったら少しずつ膝裏や太ももの裏を伸ばすようなストレッチを。

疲労が溜まって爆発するとぎっくり腰となります。

日頃からストレッチや適度な運動で筋力を落とさないようにすることと、メンテナンスのため月に1回は鍼灸治療をおすすめします。

 

PAGE TOP